モクサアフリカ

お灸は
世界を
変える

せんねん灸は
「モクサアフリカ」の活動を
応援しています。

モクサアフリカとは

モクサアフリカはイギリスで2008年に登録されたチャリティ団体です。
アフリカサハラ南部でひろがりつづける肺結核、薬剤耐性結核、HIV/AIDSとの複合感染の結核に日本式のお灸による治療活動を展開。
あわせて現地ウガンダのマケレレ大学の結核の専門スタッフと、お灸を投薬治療の補助療法として、又、代替療法としての利用の研究をつづけています。

今、アフリカでは

私たちにとって結核にさほど関心をはらう人はいませんが、今、世界では総人口の1/3にあたる人が結核菌に感染しているといわれています。
そして世界の死亡原因のうち感染症では結核は第一位にあげられ、2014年には世界で150万人もの人が死亡しています。
なかでもアフリカでは、HIV/AIDSとの複合感染による結核も多く、毎日2000人もの人が亡くなっています。
さらにアフリカでは貧困による劣悪な環境での生活や、不完全な医療施設での治療、治療途中での治療放棄による薬剤耐性を持った新しい結核の流行もひろがっているのです。

モクサアフリカの取組み

モクサアフリカのチームがアフリカでの結核への取組において、注目したのが日本式の直接灸による治療です。アフリカの事情をふまえて安価で安全、免疫力を高めることができるお灸による治療を思い立ち、モクサアフリカでは抗生物質のなかった1940年代以前、お灸による免疫力UPで結核治療を提唱した原志免太郎博士の論文に注目、アフリカでの結核治療にお灸を採用したのです。

Profile
原志免太郎博士 1882年生まれの原志免太郎は独学で医師国家試験に合格、早くからお灸への関心が高く、お灸を日常の医療活動に生かす研究を進め、お灸の免疫力の研究で日本で始めての「お灸博士」となりました。自身も毎日足三里へのお灸を欠かさず、104才まで現役のお医者さんとして活動、残された26万枚に及ぶお灸による治療のカルテは今、解明が進められています。

原志免太郎博士とせんねん灸

せんねん灸は長く原博士に御愛用いただきました。せんねん灸セネファの押谷現社長も年に数回福岡へお灸を届けるたびに「お灸をつづけると白血球が増え免疫力が高くなる。長生きしたかったら、毎日足三里にお灸すべし」と教えられたそうです。
はからずもアフリカでのお灸による結核治療活動をすすめるイギリスの団体が原博士の論文をもとにしていたことを知り、せんねん灸セネファはもぐさの提供を引き受けました。又、銀座のお灸ルームでのモクサアフリカの活動を聞く会を開催、さらにせんねん灸ショールーム銀座では売上げの一部をモクサアフリカに届ける取組みもスタートしています。
(ちなみにせんねん灸セネファはモクサアフリカへ提供のもぐさは原博士に届けていたもぐさと同じ「せんねん灸もぐさ白富士印」です。)

2000年以上もの昔に中国ではすでに今日の治療方法が確立していたお灸は、日本に伝えられ、さらに独自の発達をとげました。
そして今、日本のお灸は地球の裏側へとその活躍の舞台をひろげているのです。
「お灸のすばらしさを、ひとりでも多くの人に」
せんねん灸セネファの創業の心は今、アフリカの地でお灸による結核治療という新しいミッションへとひろがっているのです。

ページの最初に戻る