はじめての方へ

その疑問にお答えします

たしかにお灸には2000年をこえる歴史があります。
でも、その長い時間をかけて、たくさんの人が使った結果、最も効果的で安全なお灸になっているのです。

お灸が熱い、やけどするというのは昔の話。
せんねん灸ならほっこり、ほどよい温熱でもお灸効果は変わりありません。

お灸はもぐさを肌において火をつけていました。せんねん灸は紙パルプの台座で温熱をコントロールしているので安全です。

せんねん灸ならひとりですぐできます。シールをはがして、火をつけて、ツボにはる。
火を使わないお灸なら、シールをはがして、ツボにはるだけ。

せんねん灸の正しい使い方
火を使うお灸(このような時にこのツボがおすすめ)
火を使わないお灸(このような時にこのツボがおすすめ)
ページの最初に戻る