お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

清明 4/4~4/19 清明 4/4~4/19

春雨や よもぎを伸ばす 草の道 芭蕉
二十四節気の「穀雨」は春の終りを告げる時期。雨の日が一日おきのようにやってきます。
週間天気図にも週の半分以上に雨のマークがつき、行楽シーズンなのに迷惑な雨が降りつづきます。

しかしこの時期降りつづく雨は、農家に田仕事の季節がきたことを知らせる雨であり、あらゆる植物を目ざめさせ、花の準備を
うながす雨ということで「催花雨」(さいかう)とも呼ばれてきました。そして、しとしと降りつづく雨をあらわすコトバには他に春時雨、花の雨、
菜種梅雨、春霖(しゅんりん)などありますが、春霖とはこまかい雨が降りつづく様子。霖とは3日以上つづく雨をあらわすコトバです。
「穀雨」の次は立夏、いよいよ夏のシーズン突入です。
しかし季節の移り変りにあわせて変化するカラダの調節がうまくゆかない人が増えるのもこの季節ならではのこと。

自然が目ざめ、すべてが活動的となる春を迎えたにもかかわらず、ねむい、カラダがだるいと体調不良を訴える人が増える季節。なかでも半数以上の女性が悩みとしてあげるのが足のだるさ。「重だる足」なんて言葉が生まれるほど、春から夏にかけての足のだるさは女性共通の悩みなのです。その足のだるさの原因はむくみ。
むくみとは血管の外の細胞の間に余分な水分がたまった状態のこと。一年の中でも春は高気圧と低気圧がくり返し訪れ、気温差も激しいためストレスに弱い自律神経が乱れ、血のめぐりがとどこおり余分な水分がカラダの中にたまることでむくみはおこるのです。

つづきを読む

東洋医学でだるさの原因となるむくみとは、カラダをめぐる気血水の水のめぐりがとどこおった状態ととらえています。
水は本来上から下、高いところから低いところへ流れるもの。カラダでも同じように心臓から押し出された血液が上から下へ流れていきます。カラダの機能が正常であれば「下から上へ押し上げる力」が働いて、血液は全身をスムーズにめぐります。

この「下から上へ押し上げる力」が低下すると、下半身、中でも足に水が滞りむくみとなって、だるさを引きおこすのです。

東洋医学において「下から上へ押し上げる力」、水のめぐりをコントロールしているのは「脾」と「腎」の働きです。食べものから栄養と水分を吸収する「脾」の働きは湿気に弱く、穀雨の頃に降る恵みの雨で湿度が高くなると、カラダをめぐる水の流れに滞りが起きてむくみの原因となります。
また、「腎」の働きは水分排出によって血圧をコントロールしていますが、春の目まぐるしい気圧の変化を受けて機能低下が起こりやすいのが特徴です。

むくみからくる重だるさを改善するために、水のめぐりを促すツボ「然谷」がおすすめです。

[ 穀雨のツボ ] 足のだるさに

然谷(ねんこく)

ツボのとり方

内くるぶしの前下方にある骨の出っぱりの下です。

ツボ動画を見る

[ 穀雨のツボ ] 足のだるさに

ツボ二十四節気 一覧

ページの最初に戻る