お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

立秋 8/7~8/22 立秋 8/7~8/22

八月に入って東日本は大雨が続き、西日本は連日の猛暑日がつづいています。
暦の上では早や「立秋」ですが、八月といえばまだまだ夏まっさかり。
しかし徒然草に「夏果てて、秋の来るにはあらず、夏よりすでに秋は通ひ」とあるように季節はしのびやかに、そっとそっと変わっていくのです。

暑い暑いという毎日ですが、秋の気配を伝えるトップランナーは、秋の風。
早朝にどこからともなく吹いてくるそよ風の涼感、セミシグレの中にひぐらしの鳴き声をきいたりと、一日一日、夏のシーンの中に少しづつ秋は顔を見せはじめます。
季節の微妙な移り変わりに心を動かされる、こまやかな感性が日本人の独自の季節感を生み、生活文化にも大きく影響してきたのです。
その象徴が季語を大切にした、世界にも類をみない独自の文学、俳句なのです。

   秋風の吹けども青し栗のいが 芭蕉  秋の足音はもう耳に届きましたか

めまいはカラダの平衡感覚をうけもつ器官からの、異変の知らせです。突然おこっためまいは必ず病院での診察が必要です。しかし病院で「異常ありません」といわれてもおこるめまいも多いのです。
東洋医学でめまいは、気のめぐりをコントロールする働きが季節の変化にうまく対応していないためにおこるとしています。

つづきを読む

めまいは「眩暈」と書きますが、眩とは目がくらむこと。暈とは頭がふらふらすることをさします。めまいはこの2つの症状が一緒におこることから、この字があてられているのです。

東洋医学では、あらゆる体調不良の原因を内臓の働きの異常と関連づけてみます。なかでも「めまいは肝(かん)に属す」という言葉があるように、「肝」はめまいととても深い関係があるのです。
「肝」の働きは、内臓、器官が正常に働くために気のめぐりをコントロールすることです。現代医学では自律神経と言われている働きです。
耳(聴覚)は、目(視覚)、鼻(嗅覚)、舌(味覚)など「肝」の働きによってコントロールされている代表的な器官の1つです。

「めまい」の大きな要因の1つに「耳のむくみ」があげられます。気のめぐりがとどこおると血液やリンパなどの循環にもとどこおりがおこります。とくに内耳(ないじ)はリンパの影響を受けやすく、「耳のむくみ」によって「めまい」だけでなく耳鳴り、難聴といった症状もあらわれます。

東洋医学ではめまいを頭の異常ととらえないで、カラダ全体に及ぶ変調のサインとして、気・血・水のめぐりをととのえることを第一にしているのです。
監修:せんねん灸お灸ルーム 鍼灸師

[ 立秋のツボ ] 季節の変り目におこるめまいに

中渚(ちゅうしょ)

ツボのとり方

手をにぎった時、小指と薬指の関節にできるくぼみが中渚です。

ツボ動画を見る

[ 立秋のツボ ] 季節の変り目におこるめまいに

ツボ二十四節気 一覧

中渚(ちゅうしょ)のツボ

立秋のツボ

季節の変り目におこるめまいに中渚(ちゅうしょ)

裏内庭(うらないてい)のツボ

大暑のツボ

食欲不振・食あたりに裏内庭(うらないてい)

大都(だいと)・太白(たいはく)のツボ

小暑のツボ

夏のむくみ、冷えに大都(だいと)・太白(たいはく)

中脘(ちゅうかん)のツボ

夏至のツボ

夏風邪に中脘(ちゅうかん)

足三里(あしさんり)のツボ

芒種のツボ

下痢に足三里(あしさんり)

温溜(おんる)のツボ

小満のツボ

歯ぐきのはれに温溜(おんる)

関元(かんげん)のツボ

立夏のツボ

五月病に関元(かんげん)

然谷(ねんこく)のツボ

穀雨のツボ

足のだるさに然谷(ねんこく)

曲池(きょくち)のツボ

清明のツボ

にきび・吹出物に曲池(きょくち)

崑崙(こんろん)のツボ

春分のツボ

首コリに崑崙(こんろん)

太衝(たいしょう)のツボ

啓蟄のツボ

目のつかれに太衝(たいしょう)

厲兌(れいだ)のツボ

雨水のツボ

花粉症に厲兌(れいだ)

天枢(てんすう)のツボ

立春のツボ

便秘に天枢(てんすう)

承山(しょうざん)のツボ

大寒のツボ

こむらがえりに承山(しょうざん)

裏内庭(うらないてい)のツボ

小寒のツボ

食あたりに裏内庭(うらないてい)

大陵(だいりょう)のツボ

冬至のツボ

胃もたれ・胸やけに大陵(だいりょう)

然谷(ねんこく)のツボ

大雪のツボ

腰の痛みに然谷(ねんこく)

魚際(ぎょさい)のツボ

小雪のツボ

冬風邪に魚際(ぎょさい)

太渓(たいけい)のツボ

立冬のツボ

冬の冷え・むくみに太渓(たいけい)

三陰交(さんいんこう)のツボ

霜降のツボ

太りやすい時に三陰交(さんいんこう)

陰陵泉(いんりょうせん)のツボ

寒露のツボ

ひざの痛みに陰陵泉(いんりょうせん)

承山(しょうざん)のツボ

秋分のツボ

足のつかれ、足がつる時に承山(しょうざん)

尺沢(しゃくたく)のツボ

白露のツボ

せきに尺沢(しゃくたく)

曲池(きょくち)のツボ

処暑のツボ

秋の肌あれに曲池(きょくち)

ページの最初に戻る