お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

秋分 9/23~10/7 秋分 9/23~10/7

太陽が真東から登り真西に沈み、又昼と夜の長さが同じになる秋分は春分と並んで古くから二十四節気の中でも大切な節目とされてきました。
この秋分の日を中日とした7日間はお彼岸とも呼ばれています。
お彼岸は今では御先祖さまをしのぶ日とされていますが、もともとは「日願」という説もあります。日願とは日に願うこと。
農耕民族である日本には古くから太陽信仰があり春の彼岸には一年の豊作を願い、秋の彼岸には一年の収穫をお日さまに感謝するという風習がありました。
今でも秋分の日に朝は東に向かって太陽を迎え、夕方には西に向かって太陽を送ることで一日中お日さまの運行を見守る行事が伝えられている地方もあります。
暑さ寒さも彼岸までというのはようやく過ごしやすい季節の訪れを意味するコトバですが、秋分を迎える今頃は昼夜の温度差が10℃近い日もあり体調をくずし、さまざまな症状を訴える人も多いのです。

筋肉は脳からの指令を受け取って伸び縮みします。足の筋肉もどれくらい伸びているか、縮んでいるかを筋肉から脳へ信号を送り、伸び縮みのバランスをとっています。スポーツで大量の汗をかき、塩分・ミネラル不足になるとか、冷えて血行不良で筋肉が緊張をつづけるとか、加齢で新陳代謝の低下、筋肉量の不足などでふくらはぎの筋肉センサーから脳への信号がうまく伝わらず、伸び縮みの調節ができなくなっておこるのが「足がつる」「こむら返り」です。

つづきを読む

東洋医学では「肝は筋を支配する」という言葉があり、筋肉の働きをコントロールするのは「肝」の役割。

激しい運動などで血液を全身に供給しつづけ「肝」にたくわえた血液が不足したり、ストレスによって「肝」の働きに過剰な負荷がかかりつづけると、筋肉に異常がおこります。手足のしびれやけいれん、足がつるなどは、筋肉のスムーズな機能をコントロールしている「肝」の異常といえるのです。

また、全身に血液を循環させるのは心臓 ですが、東洋医学では血液をたくわえ、全身の血液量を調節するのは「肝」の役割です。心臓と「肝」が正常に働いて全身に十分な血液がめぐることで、カラダはスムーズに動きつづけるのです。

この時期、足のふくらはぎがよく引きつるのは、涼しくなった頃に出てくる夏のつかれが原因です。夏の暑さの中、フル回転で働いていた心臓のつかれが「肝」の機能低下とともに第2の心臓といわれているふくらはぎに反映され、異常がおこりやすくなると考えられています。

[ 秋分のツボ ] 足のつかれ、足がつる時に

承山(しょうざん)

ツボのとり方

つま先立ちをしてアキレス腱をふくらはぎの方へなで上げていくと、へこみがあります。

ツボ動画を見る

[ 秋分のツボ ] 足のつかれ、足がつる時に

ツボ二十四節気 一覧

陰陵泉(いんりょうせん)のツボ

寒露のツボ

ひざの痛みに陰陵泉(いんりょうせん)

承山(しょうざん)のツボ

秋分のツボ

足のつかれ、足がつる時に承山(しょうざん)

尺沢(しゃくたく)のツボ

白露のツボ

せきに尺沢(しゃくたく)

曲池(きょくち)のツボ

処暑のツボ

秋の肌あれに曲池(きょくち)

中渚(ちゅうしょ)のツボ

立秋のツボ

季節の変り目におこるめまいに中渚(ちゅうしょ)

裏内庭(うらないてい)のツボ

大暑のツボ

食欲不振・食あたりに裏内庭(うらないてい)

大都(だいと)・太白(たいはく)のツボ

小暑のツボ

夏のむくみ、冷えに大都(だいと)・太白(たいはく)

中脘(ちゅうかん)のツボ

夏至のツボ

夏風邪に中脘(ちゅうかん)

足三里(あしさんり)のツボ

芒種のツボ

下痢に足三里(あしさんり)

温溜(おんる)のツボ

小満のツボ

歯ぐきのはれに温溜(おんる)

関元(かんげん)のツボ

立夏のツボ

五月病に関元(かんげん)

然谷(ねんこく)のツボ

穀雨のツボ

足のだるさに然谷(ねんこく)

曲池(きょくち)のツボ

清明のツボ

にきび・吹出物に曲池(きょくち)

崑崙(こんろん)のツボ

春分のツボ

首コリに崑崙(こんろん)

太衝(たいしょう)のツボ

啓蟄のツボ

目のつかれに太衝(たいしょう)

厲兌(れいだ)のツボ

雨水のツボ

花粉症に厲兌(れいだ)

天枢(てんすう)のツボ

立春のツボ

便秘に天枢(てんすう)

承山(しょうざん)のツボ

大寒のツボ

こむらがえりに承山(しょうざん)

裏内庭(うらないてい)のツボ

小寒のツボ

食あたりに裏内庭(うらないてい)

大陵(だいりょう)のツボ

冬至のツボ

胃もたれ・胸やけに大陵(だいりょう)

然谷(ねんこく)のツボ

大雪のツボ

腰の痛みに然谷(ねんこく)

魚際(ぎょさい)のツボ

小雪のツボ

冬風邪に魚際(ぎょさい)

太渓(たいけい)のツボ

立冬のツボ

冬の冷え・むくみに太渓(たいけい)

三陰交(さんいんこう)のツボ

霜降のツボ

太りやすい時に三陰交(さんいんこう)

ページの最初に戻る