お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

小雪 11/22~12/6 小雪 11/22~12/6

早や季節は「小雪」というのにおだやかな小春日和がずっと続いて、今年の秋は名残りおしげに、紅葉もそろりそろりといった風情。
とはいえ、朝夕は連日10℃以下がつづき、桜の紅葉は終わり今はさまざまな樹々が日一日彩を濃くしています。
庭の柿の木もここ数日ですっかり大きな葉を落とし、裸木となった枝に黄色く色づいてすっかり熟した柿の実が目立ってきたと思ったら、待ちかねたかのように連日早朝から柿が好物のメジロ、ヒヨドリなどが集まって、柿の木は野鳥たちの食卓になっています。

今年の京都は、コロナ禍も落ちついたとあって紅葉のニュースにせき立てられるかのように大変な人出です。

近年京都の紅葉は11月の終わりから12月にかけてからがピークという年がつづいています。
しかし、季節は「小雪」です。突然の冷え込みで一気に紅葉もふるえるような日もやって来ることも。
なかなか気のおけないのが「小雪」という季なのです。

ヒトのカラダは気温が10℃を下まわると免疫力が低下してきます。寒さがつのり空気が乾燥してくると風邪の季節です。
風邪は「引く」といいますが、古代中国では、風は大気の動きであるとともにヒトのカラダにも影響を与えるものとしてきました。風邪とは吹く風が運んでくる邪気をカラダが引き込むというところから風邪は「引く」という言葉が生まれたのです。

つづきを読む

カラダの内側と外側の境界となっているのは皮膚・粘膜です。東洋医学では皮膚・粘膜はおもに呼吸器の働きによってコントロールされていると考えます。

皮膚・粘膜には、外から体内への影響を防ぐため、次のようなバリア機能があります。
(1)保湿・・・水分の損失を防ぎ、乾燥から身を守る
(2)サンスクリーン・・・紫外線から身を守る
(3)免疫・・・病原菌、有害物質など様々な異物の侵入から身を守る
(4)体温調節・・・毛穴の開閉により寒暑から身を守る
(5)センサー・・・外部環境の状況変化を把握して身を守る

冬は気温が下がり、乾燥によって皮膚・粘膜のバリア機能が低下します。冬になり「ひび割れ」「あかぎれ」「かゆみ」など、皮膚・粘膜のトラブルが起こりやすくなるのはこのためです。

小雪の節気は、秋から冬モードに気候が変わる節目。体調も不安定になりがちで、バリア機能とあわせて呼吸機能も低下傾向に。外部からの異物が侵入しやすく、ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった風邪症状が起こりやすくなります。

冬の風邪対策は、カラダの熱をつくる働きを高めること、皮膚・粘膜のバリア機能を高めることです。カラダの熱をつくる働きを高める主なツボは「太渓(たいけい)」。皮膚・粘膜のバリア機能を高める主なツボは「魚際」です。
監修:せんねん灸お灸ルーム 鍼灸師

[ 小雪のツボ ] 冬風邪に

魚際(ぎょさい)

ツボのとり方

親指のつけ根から手首までのふくらみの中、指のひっかかりを感じるところです。

ツボ動画を見る

[ 小雪のツボ ] 冬風邪に

ツボ二十四節気 一覧

魚際(ぎょさい)のツボ

小雪のツボ

冬風邪に魚際(ぎょさい)

太渓(たいけい)のツボ

立冬のツボ

冬の冷え・むくみに太渓(たいけい)

三陰交(さんいんこう)のツボ

霜降のツボ

太りやすい時に三陰交(さんいんこう)

陰陵泉(いんりょうせん)のツボ

寒露のツボ

ひざの痛みに陰陵泉(いんりょうせん)

承山(しょうざん)のツボ

秋分のツボ

足のつかれ、足がつる時に承山(しょうざん)

尺沢(しゃくたく)のツボ

白露のツボ

せきに尺沢(しゃくたく)

曲池(きょくち)のツボ

処暑のツボ

秋の肌あれに曲池(きょくち)

中渚(ちゅうしょ)のツボ

立秋のツボ

季節の変り目におこるめまいに中渚(ちゅうしょ)

裏内庭(うらないてい)のツボ

大暑のツボ

食欲不振・食あたりに裏内庭(うらないてい)

大都(だいと)・太白(たいはく)のツボ

小暑のツボ

夏のむくみ、冷えに大都(だいと)・太白(たいはく)

中脘(ちゅうかん)のツボ

夏至のツボ

夏風邪に中脘(ちゅうかん)

足三里(あしさんり)のツボ

芒種のツボ

下痢に足三里(あしさんり)

温溜(おんる)のツボ

小満のツボ

歯ぐきのはれに温溜(おんる)

関元(かんげん)のツボ

立夏のツボ

五月病に関元(かんげん)

然谷(ねんこく)のツボ

穀雨のツボ

足のだるさに然谷(ねんこく)

曲池(きょくち)のツボ

清明のツボ

にきび・吹出物に曲池(きょくち)

崑崙(こんろん)のツボ

春分のツボ

首コリに崑崙(こんろん)

太衝(たいしょう)のツボ

啓蟄のツボ

目のつかれに太衝(たいしょう)

厲兌(れいだ)のツボ

雨水のツボ

花粉症に厲兌(れいだ)

天枢(てんすう)のツボ

立春のツボ

便秘に天枢(てんすう)

承山(しょうざん)のツボ

大寒のツボ

こむらがえりに承山(しょうざん)

裏内庭(うらないてい)のツボ

小寒のツボ

食あたりに裏内庭(うらないてい)

大陵(だいりょう)のツボ

冬至のツボ

胃もたれ・胸やけに大陵(だいりょう)

然谷(ねんこく)のツボ

大雪のツボ

腰の痛みに然谷(ねんこく)

ページの最初に戻る