お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

大暑 7/23~8/6 大暑 7/23~8/6

暦の上では最もきびしい夏を意味する大暑を迎えました。
このところ気象ニュースで表示される日本列島は、北海道をのぞいて夏日をあらわす赤一色。
その赤の中には真夏日をあらわす紫色もあちこちに点在しています。
すっぽり真夏の日本列島の中でも暑さで知られる京都では、40℃にもなるのではとの予報が毎日とびかっています。
平安時代宮中では冷蔵庫がなかったため、連日数百キロもの氷が暑さをしのぐために消費されたという歴史もある京都では、
夏をのりきるために食生活でもさまざまな生活の智恵が伝えられてきました。
今最も暑いとされる土用の食べものといえばうなぎとされていますが、これは江戸中期の天才平賀源内先生が江戸のうなぎ屋さんに頼まれて
「土用丑の日 うなぎの日」の看板をかかげさせたことで始まったもの。
京都の夏をのりきる食べものとしては「梅はその日の難のがれ」とうたわれた梅干し。
疲労回復、食欲増進、殺菌効果など梅のクエン酸の働きが大切にされてきたのです。

大暑はちょうど夏の土用とも重なり、蒸し暑さは今がピーク。その上クーラーで冷えたカラダに冷たい飲みもの、食べもので胃腸は悲鳴をあげ、カラダを動かすエネルギーがつくれなくなり、胃腸の働きはさらに低下します。

つづきを読む

夏の土用は立秋の前の18日間をいい、ちょうど大暑と重なります。東洋医学では、土用の「土」とは食べたものから栄養を吸収して血液をつくるなど、生命エネルギーを養う機能全般を指します。そして土用というのは夏だけでなく立冬、立春、立夏の前にもあり四季の変り目にくずれがちな体調をととのえる期間として注意をうながしてきました。

高温多湿の夏をスムーズに乗り切るために、カラダは大量の熱やエネルギーを必要とし、その熱やエネルギーを生み出す胃腸をはじめとする消化機能をうけもつ「脾」の働きはピークがつづきます。だから夏の土用には日々の生活の中で暴飲暴食などをつつしむようにとの警告でもあるのです。

ところで足裏を見たことがありますか?
足裏は内臓の状態、特に胃や腸、肝臓など消化器の状態をよく反映しています。

足裏の肌の潤いやハリがなくなり、シワが多くなる。タコやウオノメができるようになるなど、足裏の肌トラブルが出てくると、消化器の不調のサインなのです。

[ 大暑のツボ ] 食欲不振・食あたりに

裏内庭(うらないてい)

ツボのとり方

足の第2指を折り曲げて、第2指の腹が足裏についたところです。

ツボ動画を見る

[ 大暑のツボ ] 食欲不振・食あたりに

ツボ二十四節気 一覧

中渚(ちゅうしょ)のツボ

立秋のツボ

季節の変り目におこるめまいに中渚(ちゅうしょ)

裏内庭(うらないてい)のツボ

大暑のツボ

食欲不振・食あたりに裏内庭(うらないてい)

大都(だいと)・太白(たいはく)のツボ

小暑のツボ

夏のむくみ、冷えに大都(だいと)・太白(たいはく)

中脘(ちゅうかん)のツボ

夏至のツボ

夏風邪に中脘(ちゅうかん)

足三里(あしさんり)のツボ

芒種のツボ

下痢に足三里(あしさんり)

温溜(おんる)のツボ

小満のツボ

歯ぐきのはれに温溜(おんる)

関元(かんげん)のツボ

立夏のツボ

五月病に関元(かんげん)

然谷(ねんこく)のツボ

穀雨のツボ

足のだるさに然谷(ねんこく)

曲池(きょくち)のツボ

清明のツボ

にきび・吹出物に曲池(きょくち)

崑崙(こんろん)のツボ

春分のツボ

首コリに崑崙(こんろん)

太衝(たいしょう)のツボ

啓蟄のツボ

目のつかれに太衝(たいしょう)

厲兌(れいだ)のツボ

雨水のツボ

花粉症に厲兌(れいだ)

天枢(てんすう)のツボ

立春のツボ

便秘に天枢(てんすう)

承山(しょうざん)のツボ

大寒のツボ

こむらがえりに承山(しょうざん)

裏内庭(うらないてい)のツボ

小寒のツボ

食あたりに裏内庭(うらないてい)

大陵(だいりょう)のツボ

冬至のツボ

胃もたれ・胸やけに大陵(だいりょう)

然谷(ねんこく)のツボ

大雪のツボ

腰の痛みに然谷(ねんこく)

魚際(ぎょさい)のツボ

小雪のツボ

冬風邪に魚際(ぎょさい)

太渓(たいけい)のツボ

立冬のツボ

冬の冷え・むくみに太渓(たいけい)

三陰交(さんいんこう)のツボ

霜降のツボ

太りやすい時に三陰交(さんいんこう)

陰陵泉(いんりょうせん)のツボ

寒露のツボ

ひざの痛みに陰陵泉(いんりょうせん)

承山(しょうざん)のツボ

秋分のツボ

足のつかれ、足がつる時に承山(しょうざん)

尺沢(しゃくたく)のツボ

白露のツボ

せきに尺沢(しゃくたく)

曲池(きょくち)のツボ

処暑のツボ

秋の肌あれに曲池(きょくち)

ページの最初に戻る