お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

大寒 1/20~2/3 大寒 1/20~2/3

「大寒」は読んで字の如く一年のうちで最も寒い時期、気象学的にもこの時期に最低気温を更新することが多いのです。
地球の動きから考えると太陽の角度は最も低く、昼の長さが一番短いのは冬至ですが約一ヵ月遅れの大寒の頃が最も寒いのは地球の気温というのは太陽から届くエネルギーによって変わるために、その影響はすぐあらわれるのではなく、約一ヵ月程たった頃にあらわれるためにちょうど大寒の頃が最も寒いのです。
冬来りなば春遠からじのコトバにもある通り暦の上では大寒の次は立春、春はもうすぐ。
湖国では、その季節の移り変わりをそのままひとつ画面におさめたかのような風景が今、見頃です。
琵琶湖の向こうに見える湖国アルプスはまだまっ白ですが、こちら側の湖畔には早咲きの寒咲き葉の花が満開なのです。

サッカーやラグビーの試合の終盤で足がつる選手をよく見かけますが、足がつる、いわゆる「こむらがえり」はこうした激しいスポーツのように筋肉を酷使することでおこる場合と、何もしないでもおこる、例えば夜寝ている間におこり、痛みで目がさめる「こむらがえり」もあります。
「こむらがえり」のこむら(腓)とは、ふくらはぎのこと。ふくらはぎの筋肉が緊張して縮んだ状態を無意識に伸ばそうとする力が働くと激しい痛みを生むのが「こむらがえり」。今の季節、寒さによる冷えで血のめぐりが低下しておこる「こむらがえり」を訴える人が多いのです。

つづきを読む

東洋医学ではカラダにおこる症状を内臓の働きと関連づけてとらえ、「こむらがえり」は「肝(かん)」の働きが不調であるとおこりやすくなります。「肝」の働きは、血液を貯える機能と、カラダ全体に送る血液量をコントロールする機能です。
筋肉に流れる血液量を少なくしたり、多くしたりすることで筋肉の曲げ伸ばしができ、「肝」の働きが好不調が筋肉に反映されます。
「肝」の働きの不調から血のめぐりが低下するとカラダは冷えますが、なかでも足の冷えは血液の流れをさまたげるため筋肉が縮んだ状態がつづき「こむらがえり」を引きおこすのです。
「こむらがえり」が慢性の運動不足になりがちな高齢者に多いのも、妊娠後期になり体重増加や大きなお腹で下肢の血管が圧迫されて血のめぐりが悪化するためおこりやすい「こむらがえり」をみても血のめぐりに原因があることがわかります。

「こむらがえり」のあの痛み対策には、ふくらはぎの承山へのお灸が予防にもなり、おすすめです。

「肝」の働きは、自分の感情を抑えなければならない状況や、睡眠不足が続くと調子をくずします。ストレスがたまらないよう、適度な息抜きを心がけましょう。

[ 大寒のツボ ] こむらがえりに

承山(しょうざん)

ツボのとり方

つま先立ちをしてアキレス腱をふくらはぎの方へなで上げていくと、へこみがあります。

ツボ動画を見る

[ 大寒のツボ ] こむらがえりに

ツボ二十四節気 一覧

然谷(ねんこく)のツボ

穀雨のツボ

足のだるさに然谷(ねんこく)

曲池(きょくち)のツボ

清明のツボ

にきび・吹出物に曲池(きょくち)

崑崙(こんろん)のツボ

春分のツボ

首コリに崑崙(こんろん)

太衝(たいしょう)のツボ

啓蟄のツボ

目のつかれに太衝(たいしょう)

厲兌(れいだ)のツボ

雨水のツボ

花粉症に厲兌(れいだ)

天枢(てんすう)のツボ

立春のツボ

便秘に天枢(てんすう)

承山(しょうざん)のツボ

大寒のツボ

こむらがえりに承山(しょうざん)

裏内庭(うらないてい)のツボ

小寒のツボ

食あたりに裏内庭(うらないてい)

大陵(だいりょう)のツボ

冬至のツボ

胃もたれ・胸やけに大陵(だいりょう)

然谷(ねんこく)のツボ

大雪のツボ

腰の痛みに然谷(ねんこく)

魚際(ぎょさい)のツボ

小雪のツボ

冬風邪に魚際(ぎょさい)

太渓(たいけい)のツボ

立冬のツボ

冬の冷え・むくみに太渓(たいけい)

三陰交(さんいんこう)のツボ

霜降のツボ

太りやすい時に三陰交(さんいんこう)

陰陵泉(いんりょうせん)のツボ

寒露のツボ

ひざの痛みに陰陵泉(いんりょうせん)

承山(しょうざん)のツボ

秋分のツボ

足のつかれ、足がつる時に承山(しょうざん)

尺沢(しゃくたく)のツボ

白露のツボ

せきに尺沢(しゃくたく)

曲池(きょくち)のツボ

処暑のツボ

秋の肌あれに曲池(きょくち)

中渚(ちゅうしょ)のツボ

立秋のツボ

季節の変り目におこるめまいに中渚(ちゅうしょ)

裏内庭(うらないてい)のツボ

大暑のツボ

食欲不振・食あたりに裏内庭(うらないてい)

大都(だいと)・太白(たいはく)のツボ

小暑のツボ

夏のむくみ、冷えに大都(だいと)・太白(たいはく)

中脘(ちゅうかん)のツボ

夏至のツボ

夏風邪に中脘(ちゅうかん)

足三里(あしさんり)のツボ

芒種のツボ

下痢に足三里(あしさんり)

温溜(おんる)のツボ

小満のツボ

歯ぐきのはれに温溜(おんる)

関元(かんげん)のツボ

立夏のツボ

五月病に関元(かんげん)

ページの最初に戻る