お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

夏至 6/21~7/6 夏至 6/21~7/6

夏至は暦の上では夏のピーク、昼が最も長い時期です。
しかし、日本列島には梅雨前線が居座り、雨空が続く毎日とあって昼の長さもそれほど実感できません。
それでも沖縄は今週にも梅雨明け、間もなく日本列島は連日の真夏日を迎えます。
エアコンに守られている現代の私たちの暮らしと違って、先人たち「夏はいと涼しきように」とこの炎暑の夏をさまざまな工夫でのりきってきました。
夏に恋しくなる氷も製水するのではなく冬に自然に出来た氷を切り出し、氷室と呼ばれる山の室で夏まで保存し、夏が来ると宮中に献上されたのです。
この氷を保存する氷室を菓子の銘にしたのが京の夏を涼しげに彩るコハク菓子 京氷室。そえられた青楓がいっそう涼を引きたてています。
京の夏の最大イベント祇園祭。今年はコロナで三蜜をさけるため神事のみで巡行は中止。暑く静かな夏を迎えます。

ヒトのカラダも夏仕様に。毛穴が開き余分な熱を放出しやすいカラダに変っています。しかしエアコンのきいた暮らしでは、逆に冷気がカラダの中に入りやすくなりカラダが冷え、又、冷たいもののとり過ぎで胃腸の働きも低下。夏風邪の原因に…。

つづきを読む

季節の移り変りにあわせて、カラダのバランスがうまく調整できれば風邪をひくことはありません。では、なぜ夏風邪をひくのでしょうか?

夏は暑さをしのぐために、汗をかいて体温調節をします。汗をかけないと、カラダに熱がたまり、のぼせる。すなわち熱中症になってしまいます。

外出でたくさん汗をかき、室内はエアコンで冷える。場合によっては冷え過ぎるということもあり、夏は体温調節だけでかなりの体力を使います。そして暑さで寝付けない、途中で目が覚めるなど、寝不足になりやすい。冷たい食べものや飲みものを多くとるために、胃腸の働きが低下しやすく、栄養吸収が不十分になり、つかれやすい。その結果、体力が低下して夏風邪をひくというパターンが多いのです。

体力が低下してカラダのバランスがくずれ、自分の力で立て直すことができなくなったとき、はじめて風邪をひくのです。

風邪はカラダが季節の移り変りに順応できなくなったことへの警告ともいえるのですが、その一方で風邪をひくと、ヒトのカラダは全身の免疫力を高め調整機能をリセットしてくれる働きもあります。

栄養をしっかり吸収して体力低下を防ぐために、胃腸の働きを高めるツボ「中脘」にお灸を続けることが夏風邪予防になります。風邪をひいても軽くスルーできるカラダづくりこそ、季節の変化に無理なく対応できる暮らしかたなのです。
監修:せんねん灸お灸ルーム 鍼灸師

[ 夏至のツボ ] 夏風邪に

中脘(ちゅうかん)

ツボのとり方

おへそに小指をあてて、親指までの指幅5本。親指があたっているところを目安にして指でやさしくなでるとへこみがあるところが中脘です。

ツボ動画を見る

[ 夏至のツボ ] 夏風邪に

ツボ二十四節気 一覧

魚際(ぎょさい)のツボ

小雪のツボ

冬風邪に魚際(ぎょさい)

太渓(たいけい)のツボ

立冬のツボ

冬の冷え・むくみに太渓(たいけい)

三陰交(さんいんこう)のツボ

霜降のツボ

太りやすい時に三陰交(さんいんこう)

陰陵泉(いんりょうせん)のツボ

寒露のツボ

ひざの痛みに陰陵泉(いんりょうせん)

承山(しょうざん)のツボ

秋分のツボ

足のつかれ、足がつる時に承山(しょうざん)

尺沢(しゃくたく)のツボ

白露のツボ

せきに尺沢(しゃくたく)

曲池(きょくち)のツボ

処暑のツボ

秋の肌あれに曲池(きょくち)

中渚(ちゅうしょ)のツボ

立秋のツボ

季節の変り目におこるめまいに中渚(ちゅうしょ)

裏内庭(うらないてい)のツボ

大暑のツボ

食欲不振・食あたりに裏内庭(うらないてい)

大都(だいと)・太白(たいはく)のツボ

小暑のツボ

夏のむくみ、冷えに大都(だいと)・太白(たいはく)

中脘(ちゅうかん)のツボ

夏至のツボ

夏風邪に中脘(ちゅうかん)

足三里(あしさんり)のツボ

芒種のツボ

下痢に足三里(あしさんり)

温溜(おんる)のツボ

小満のツボ

歯ぐきのはれに温溜(おんる)

関元(かんげん)のツボ

立夏のツボ

五月病に関元(かんげん)

然谷(ねんこく)のツボ

穀雨のツボ

足のだるさに然谷(ねんこく)

曲池(きょくち)のツボ

清明のツボ

にきび・吹出物に曲池(きょくち)

崑崙(こんろん)のツボ

春分のツボ

首コリに崑崙(こんろん)

太衝(たいしょう)のツボ

啓蟄のツボ

目のつかれに太衝(たいしょう)

厲兌(れいだ)のツボ

雨水のツボ

花粉症に厲兌(れいだ)

天枢(てんすう)のツボ

立春のツボ

便秘に天枢(てんすう)

承山(しょうざん)のツボ

大寒のツボ

こむらがえりに承山(しょうざん)

裏内庭(うらないてい)のツボ

小寒のツボ

食あたりに裏内庭(うらないてい)

大陵(だいりょう)のツボ

冬至のツボ

胃もたれ・胸やけに大陵(だいりょう)

然谷(ねんこく)のツボ

大雪のツボ

腰の痛みに然谷(ねんこく)

ページの最初に戻る