お灸を知る・使うツボ二十四節気

ツボ二十四節気

処暑 8/23~9/7 処暑 8/23~9/7

京都五山の送り火も終り、朝夕にはヒグラシの鳴声もきこえはじめました。
処暑は暑さがおさまるの意、このところ次から次へとやってくる台風で夏を支配してきた太平洋高気圧も少しパワーダウンしてきたようで、さしもの今年の猛暑も急に朝夕は過ごしやすくなってきました。
季節は日を重ねるに従ってゆるやかに秋に向かっているのです。

夏の間、暑さをやりすごすためにカラダのためによくないとわかっていても、日々クーラーをきかし、冷たいたべもの飲みものをとりつづけ、それでも外は暑いために、カラダへのダメージは気づかなかったのですが、夏も終りに近づいて涼しさがしのびよってくると、この夏の間、冷やしつづけてきたカラダへのダメージが姿を見せてきます。
カラダがだるい、食欲がないなど、いわゆる秋バテ現象がおこってくるのです。

秋の肌あれは夏の置きみやげ。夏の間湿度が高く、汗腺が開いて汗をかくため気づかなかった肌あれが、秋の訪れとともに目立ってきます。
血のめぐりをよくし、夏のダメージ肌に栄養と水分をたっぷり届けて肌の健康をとりもどしましょう。

つづきを読む

東洋医学では秋の肌あれは「燥邪(そうじゃ)」のしわざといいます。「燥邪」とは乾燥によるカラダへのダメージのこと。

皮膚は毛穴を開閉して体温調節をする働き、紫外線や病原菌など体外のストレスから身を守るバリアとしての働き、皮脂を分泌して保湿する働きがあります。生物の進化をさかのぼると呼吸はもともと皮膚で行なわれていました。その皮膚が呼吸のために高度に機能化したものが、鼻、のど、気管、気管支、肺といった呼吸器といわれています。呼吸器が正常に働くために適度な湿り気が必要なように、肌にも湿気は欠かせません。

空気の乾燥はいちばんの敵なのです。肌あれは、美容のトラブルだけではなく、体温調節、バリア、保湿といった機能低下のサインであり、また、呼吸器のトラブルをあらわすサインでもあるのです。

処暑の時期、すでに冷たく乾燥した西風が吹きはじめています。日中、暑さが残るからといって、クーラーや冷たい飲みもの、食べものなど夏の生活をひきずると、カラダの乾燥と冷えがすすみ「燥邪」となって肌あれがいっそう目立つようになります。

この時期に、夏から秋への生活に切り替えることが、肌あれに早く対処する秘訣なのです。

[ 処暑のツボ ] 秋の肌あれに

曲池(きょくち)

ツボのとり方

手のひらを上にしてヒジを曲げ、内側にできた横じわの上で、親指側の先端です。

ツボ動画を見る

[ 処暑のツボ ] 秋の肌あれに

ツボ二十四節気 一覧

陰陵泉(いんりょうせん)のツボ

寒露のツボ

ひざの痛みに陰陵泉(いんりょうせん)

承山(しょうざん)のツボ

秋分のツボ

足のつかれ、足がつる時に承山(しょうざん)

尺沢(しゃくたく)のツボ

白露のツボ

せきに尺沢(しゃくたく)

曲池(きょくち)のツボ

処暑のツボ

秋の肌あれに曲池(きょくち)

中渚(ちゅうしょ)のツボ

立秋のツボ

季節の変り目におこるめまいに中渚(ちゅうしょ)

裏内庭(うらないてい)のツボ

大暑のツボ

食欲不振・食あたりに裏内庭(うらないてい)

大都(だいと)・太白(たいはく)のツボ

小暑のツボ

夏のむくみ、冷えに大都(だいと)・太白(たいはく)

中脘(ちゅうかん)のツボ

夏至のツボ

夏風邪に中脘(ちゅうかん)

足三里(あしさんり)のツボ

芒種のツボ

下痢に足三里(あしさんり)

温溜(おんる)のツボ

小満のツボ

歯ぐきのはれに温溜(おんる)

関元(かんげん)のツボ

立夏のツボ

五月病に関元(かんげん)

然谷(ねんこく)のツボ

穀雨のツボ

足のだるさに然谷(ねんこく)

曲池(きょくち)のツボ

清明のツボ

にきび・吹出物に曲池(きょくち)

崑崙(こんろん)のツボ

春分のツボ

首コリに崑崙(こんろん)

太衝(たいしょう)のツボ

啓蟄のツボ

目のつかれに太衝(たいしょう)

厲兌(れいだ)のツボ

雨水のツボ

花粉症に厲兌(れいだ)

天枢(てんすう)のツボ

立春のツボ

便秘に天枢(てんすう)

承山(しょうざん)のツボ

大寒のツボ

こむらがえりに承山(しょうざん)

裏内庭(うらないてい)のツボ

小寒のツボ

食あたりに裏内庭(うらないてい)

大陵(だいりょう)のツボ

冬至のツボ

胃もたれ・胸やけに大陵(だいりょう)

然谷(ねんこく)のツボ

大雪のツボ

腰の痛みに然谷(ねんこく)

魚際(ぎょさい)のツボ

小雪のツボ

冬風邪に魚際(ぎょさい)

太渓(たいけい)のツボ

立冬のツボ

冬の冷え・むくみに太渓(たいけい)

三陰交(さんいんこう)のツボ

霜降のツボ

太りやすい時に三陰交(さんいんこう)

ページの最初に戻る