お灸を知る・使うとっておきの13のツボ

働きざかりの男性のとっておきの7のツボ〈30代~50代男性〉

責任ある仕事をバリバリこなすミドルエイジ。目に見えないところでカラダもこころも悲鳴をあげています。明日の元気のためにお灸でリフレッシュ。

曲池

[ 症状・効果 ]

腸の働きを活発にして老廃物の排出を促します。同じ姿勢、動作を繰り返す仕事、スポーツによる慢性的な目のつかれ、肩コリ、首コリ、消化不良におすすめのツボです。

ツボのとり方

親指を上にして腕を前に出し、ヒジを曲げてできる曲がりジワの先端が曲池です。

神門

[ 症状・効果 ]

イライラを解消、緊張をほぐし、気分をリラックスさせます。ストレス解消、精神安定、不眠、便秘にも有効です。

ツボのとり方

手首の曲がりジワを小指側へなでてゆき、骨の出っぱりの手前で指が止まるところが神門です。

足三里

[ 症状・効果 ]

胃腸の働きを高め、胃もたれを解消します。肉体的、精神的にスッキリさせる「やる気のツボ」。古くから養生、健康増進のツボとして知られる、お灸の代表的なツボです。

ツボのとり方

ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。

築賓

[ 症状・効果 ]

疲労とストレスの蓄積は足腰が弱る原因です。気力があってもカラダがついていかないなどの体力低下、腰痛、冷え、むくみ、こむらがえりなどにおすすめのツボです。

ツボのとり方

内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本+3本上がったアキレス腱のやや前の痛みを感じるところが築賓です。

太衝

[ 症状・効果 ]

カラダの調節機能を高めます。体温調節、水分調節や、眼精疲労、筋肉疲労など筋肉を緊張させたり緩めたりする働きを調節します。

ツボのとり方

足の甲の親指と人さし指の骨が交わるところから、やや指先よりのへこみが太衝です。

大都・太白

[ 症状・効果 ]

胃腸の働きを活発にして、余分なエネルギー燃焼を促します。インナーマッスルのバランスをととのえ、姿勢の改善におすすめのツボです。頭痛や眼精疲労にも。

ツボのとり方

足の親指を曲げてできるシワの親指側が大都。かかとよりが太白です。

湧泉

[ 症状・効果 ]

精力を補い、体力気力を充実させます。カラダを温め、冷え、むくみを解消します。元気が「泉のように湧き出る」ツボという意味です。

ツボのとり方

足でグーをした時、足裏でいちばんへこんでいるところが湧泉です。足裏を3等分して約3分の1のところです。

症状から
ツボを探す
ページの最初に戻る